本研究室で学ぶには

長岡技術科学大学は高専との一体的な教育研究の取組を行っている大学です。基本的には、修士までの6年間でカリキュラムが組まれています。本研究室は、学部は機械創造工学課程、修士では機械創造工学専攻、博士では材料工学専攻に所属しています。また、社会人を対象に技術経営研究科システム安全専攻(専門職大学院)が設置されており、同専攻学生のプロジェクト研究も担当しています。


[学部生の方へ]

機械創造工学課程では3年の2学期から研究室に所属し、実務訓練に行く前の4年1学期まで研究を行います。課程全体の研究室見学ツアーが7月に行われるので、その際に研究紹介を行っています。また、高専本科生の方は、夏休み期間中のオープンハウスで研究を体験することが可能です。その他、他大学の学生さんで修士からの進学を希望する方などについては、随時研究室見学を受け付けています。まずはお問い合わせ下さい。


[修士希望の方へ]

機械創造工学専攻の入試を受験し、合格する必要があります。機械創造工学専攻では、研究室ガイダンス・配属が3月に実施されます。その際に詳しい研究内容については説明しますが、それ以外にも研究室見学を希望する方には適時対応しています。高専の専攻科生の方は専攻科生対象の入試を受け、合格する必要があります。
進学相談は随時受け付けていますので、お問い合わせください。


[博士希望の方へ]

材料工学専攻の入試を受験し、合格する必要があります。技術経営研究科システム安全専攻からも、博士課程に進学することは可能です。詳細な研究計画の打合せが必要と思われますので、教員にお問い合わせください。


[主な就職先]

トヨタ自動車、新日本製鐵、日立製作所、三菱重工、Bosch、コロナ,クラレ株式会社,信越化学工業,東洋エンジニアリング、スチールプランテック,サーモス株式会社