B3 PBL1 ポスター発表(2018年12月20日)

B3の永山大夢君と山川賢太郎君が,PBL1の成果発表を行いました.それぞれ活発な討論を行っていました.

お疲れ様でした!

 

永山大夢

「水酸アパタイト溶射皮膜のフレッティング疲労による細胞毒性その場評価」

 

山川賢太郎

「臼蓋カップにゆるみ挙動を及ぼす模擬骨の機械的/化学的特性の検討」

ゴルフさんとライハンさんが修論発表会を開催しました(2018年7月5日)

修士2年のゴルフさんとライハンさんが修士論文発表会を開催しました.

厳しい質疑にも的確に回答し,つつがなく終えることができました.

 

RAKCHAT WITTAWAT(ゴルフ)

“Effect of Adhesion onFretting Fatigue Behavior of Plasma-Sprayed Hydroxyapatite Coating in Simulated Body Fluid(プラズマ溶射した水酸アパタイト皮膜の擬似体液中におけるフレッティング疲労挙動におよぼす接着の影響)”

 

RAIHAN M M

“Compression Fatigue Behavior of HAp Coated Porous Titanium Component in Simulated Body Fluid

(多孔質チタン上に形成された水酸アパタイト皮膜の擬似体液中における圧縮疲労挙動)”